一人暮らしをして分かった本当に必要なキッチン雑貨

シンプルでスマートな暮らしをしたい!そのために…

私は、一人暮らしを始めてかれこれ3年が経とうとしています。疲れた日や忙しい日は、外食に頼ってしまうこともあるのですが、節約のために自炊を心がけています。最近では、便利キッチングッズと称し、さまざまなキッチン雑貨が溢れていますが、買っても滅多に使う機会がないものってありませんか?キッチンに立つことが多くなった今、本当に必要なキッチン雑貨が分かってきました。無駄なものがないシンプルでスマートな暮らしはストレスが少ないものです。キッチンを整理したい方、これから一人暮らしでキッチン雑貨を集める方、是非お読み下さい!

マストなもの、それは計量カップ・クリップだ!

まな板や包丁、フライパンや鍋は当たり前に存在するものだとして、私がなくてはならないと思うものが計量カップとクリップです。計量カップは特に料理初心者の方におすすめです。まだ慣れないころは、レシピを見ながら料理をすると思います。ほとんどのレシピには材料の分量が書いてありますよね?美味しく料理をつくるためには、その分量を守ることが大事です。そして、クリップ。クリップは封を開けた小麦粉や牛乳パックに使います。特に小麦粉などの粉は、こぼしたら大変ですよね!お菓子のおまけにクリップがついていたりするとそのお菓子をつい買ってしまうこともあります。

逆にキッチンに要らないもの

物が少ない綺麗なキッチンを目指すために、最後にキッチンに要らないと思うものを紹介します。それは、仕切りのついた食器です。私の場合ワンプレートでらくちんだしおしゃれだと思って買ったけれども、盛り付けるのも、洗うのも面倒になって仕切りのないお皿ばかり使うようになってしまいました。ですのでみなさん、食器は仕切りのないシンプルなものをおすすめします!いかがでしたか?物が溢れかえってる方、要らないものをなくして綺麗なキッチンに変えてみませんか?

キッチン雑貨の購入のタイミングを見計らう上で、顧客対応の良い家具店やホームセンターを訪れることが肝心です。